企業情報

日本の安全を、グローバルスタンダードに。

株式会社 日本防犯システムについて

2001年創業の当社は、シェア国内トップクラスの防犯カメラ専業メーカです。
「世の中から犯罪をなくしたい」という強い信念のもと、赤外線LED搭載屋外一体型防犯カメラや液晶モニタ一体型デジタルレコーダ、蜘蛛の巣ガード機能搭載カメラ、AHDカメラシステムなど、国内初の製品を次々にリリースし、業界のスタンダードともいうべき、新しい当たり前を生み出してきました。特に、日本の高度な生産技術を駆使した「MADE IN JAPAN」JSシリーズは、性能・信頼性が高く評価され、多大な支持のもと市場に受け入れられており、その品質は世界中のプロを唸らせる製品と自負しております。
また、全国にある9拠点には、防犯設備士の資格をもったセキュリティコンサルタントを配備し、メーカーならではの情報力を生かしてお客様のお悩みを解決できる体制を整えております。


シェア

製品の品質、販売代理店様サポートの質を日々高め、堅実に業績を伸ばしております。おかげさまで防犯カメラ専業メーカとしてトップクラスのシェアを確立するに至り、当社製品は官公庁をはじめ、様々な業種でご活用いただいております。

当社カメラの普及状況

わかりやすいイメージでいえば、2004年(設立年)からの累計実績は日本全国の10mに1台、2016年度単独でも約50mに1台普及している計算になります。これからもカメラをもっと身近な存在にしていきます。

カメラ販売を通じた社会貢献

防犯カメラ1台につき、10杯分のお米をカンボジアの孤児院に寄付する「1カメラ→10ライスプロジェクト」を2014年にスタート。その他、アジア諸国の教育支援や環境保全活動にも参画しています。


コンテンツ一覧