トピックス

警備保障タイムズ 第167号に掲載していただきました

2017年03月24日(金)


警備保障タイムズ 第167号に掲載していただきました

警備保障タイムズ(2017年3月21日発行 第167号)に、防犯カメラの日の登録記念 記者発表会の様子の記事が掲載されました。



以下、本文

創業12年の防犯カメラメーカーである日本防犯システム(東京都港区、賀来泉社長)は、7月8日を「防犯カメラの日」として一般社団法人日本記念日協会に申請し、認定された。
同社は3月8日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された「SECURITYSHOW 2017」の出展ブースで認定記念記者発表会を行った。
西山智史常務取締役は挨拶で「7月8日に定めた理由は“なくなれ・はんざい”の語呂合わせから。この日を記念日とすることで、防犯カメラは犯罪を抑止する効果があることを広めたいという想いがあった。また犯罪が多発する夏前に設定し、防犯について皆で考えたいという願いも込められている」と述べた。
日本記念日協会・加瀬清志代表理事は「セキュリティーに関する記念日はほかに、7月5・6日を“セコムの日”、11月1日を“警備の日”に制定している」と説明した。
登録証の授与式が行われ、「防犯カメラの日」記念日の登録が決定した。 (瀬戸正彦)

(原文、ママ)