COMPARISON&FEATURING

設置場所/録画要件に合わせた画質で運用可能!

ビデオ出力を5メガピクセル⇔4メガピクセル⇔2メガピクセル(フルHD)⇔CVBSと切り替えることができます。ズームで再生する必要がない場所ではフルHDで、レジ周りや工場の製造ラインなど、より高画質を求められる現場では4メガ or 5メガピクセルで。用途に合わせた運用はもちろん、将来的なニーズの変化にも1台で対応可能です。

電動バリフォーカルレンズ搭載だから、ピント調整が簡単!

デジタル一眼レフなどのスチールカメラでも同様ですが、一般に解像度が高いほどわずかなブレを表現してしまうため、ピント調節の難易度が上がります。また、たとえ現在の市場で標準的なフルHDカメラだとしても、夜間になるとピンボケが目立ってしまうという現象も起こりえます。ピントを自動調整することができる電動バリフォーカルレンズを搭載したPF-CA4シリーズで、24時間365日クリアな映像を。

レコーダからカメラを楽々コントロールするCoC機能対応!

CoCとは、同軸ケーブルを通じて遠隔地にあるレコーダからカメラの詳細設定を行うことができる機能のこと。カメラ本体で設定するのとは異なり、高所設置時の安全性向上、設定時の人件費節約、設置後の調整が簡単と、アナログHDカメラのコストメリットを最大化します。

長距離配線が必要な現場でも対応可能!

PF-CA40シリーズは、同軸ケーブル3C-2Vで200m、5C-FBで300mの映像伝送が可能です。一般的なIPカメラは100mなので、広大な敷地を配線するような場合はPF-CA40シリーズが最適です。