オフィスの
ウイルス感染症対策

一部企業では、1日あたりの出社率を5割以下にする動きがあるものの、依然としてオフィスには多くの人の出入りがあります。荷物の宅配など一時的なものも含めるともっとも人の出入が多いエントランス、商談などで一定時間外部の人間と接する応接エリア、電話や業務指示などで会話が避けられない執務室、ひと息ついて会話が弾みがちな休憩室や食堂など、予防対策を要するエリアが多岐にわたるため、「3つの密」(=密閉・密集・密接)を避ける措置がなされているのか効率的にモニタリングする仕組みが必要です。

そうした観点からお勧めしたいのが日本防犯システムの全方位カメラソリューション「ENJIN(円陣)」と、AI画像認識プラットフォーム「AIZE(アイズ)」です。1台で360度を撮影でき、必要な箇所を最大8分割して一括表示ができる全方位カメラで設置カメラ台数、設置の手間、メンテナンスコストを最小限に抑えながら職場環境を整え、顔認証システムで入退室の記録を顔写真つきで取っていくことで、予防効果の最大化を図りましょう。

執務室内での
ソーシャルディスタンス

ウイルスによる飛沫感染のリスクを避けるために席間は広くとり(2m)、仕切りを設けることが推奨されています。それが難しい場合は、可能な限り対角に席を配置する、横並びに配置するなどの工夫(その場合、最低1m)が求められています。そうしたソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つことは、現在問題となっている新型コロナウイルスのみならず、インフルエンザなどの感染症全般に共通する基本的な対策なので、これからの時代、従業員の安全のために習慣化を促していく必要があるでしょう。

日本防犯システムの全方位カメラは、円形に撮影された映像の中から任意の場所を複数画面に切り出して確認することができます(歪み補正機能により一般的なカメラと同じ見え方になります)。全方位カメラJS-CW1028Aを地上高3mの天井に設置した場合、半径約9mをカバーできます。そのため、室内の中心部に設置すれば小~中規模の執務室なら、ソーシャルディスタンスをはじめ、換気やマスクの着用について、遠隔地からでも瞬時に確認することができます。

「リアルタイムでのモニタリングだけで十分」、「録画データの保存期間は短くても良い」というような場合は、カメラ単体でも上記の運用が可能です。

入退室者の記録管理

オフィス、または執務室などの特定エリアへの訪問記録を画像つきで保管・管理でき、さらにそのデータを自動でグラフ化できるのが、画像認識プラットフォームAIZE(アイズ)です。

顔認証に特化したAIが、AIZE用カメラで撮影された人物の画像を瞬時に解析し、500ポイントを超える特徴点から、高精度の画像認証を実施。誰がいつ、どんな服装(マスクの有無)で入室したのかといった情報を正確に蓄積していくので、管理台帳への記帳などアナログ作業を解消することができます。

カメラを2台設置すれば入退室時間の差から滞在時間を計測することが可能。同時に、現在の室内人数をカウントし、一定人数以上が滞在している場合に通知メールを送ることもできるので、管理体制の強化を図るためのカスタマイズもご相談ください。

AIZE(アイズ)はまた、VIPの来社時にメール通知を行うことや、レコーダと併用することで防犯目的の運用も可能です。

会議や接客時の記録管理

ウイルス感染症対策の管理を徹底していたとしても、インフルエンザ同様、新型コロナウイルスもまた完璧に防ぐことはできないというのが一般的な見方です。万が一、発症者が出てしまった場合、感染拡大を防ぐために濃厚接触者の有無を確認して検査を促すなど、迅速な対応が必要になるでしょう。その際、役に立つのが録画映像、なのですが、24時間録画をしている場合、必要なシーンがどこなのか特定するのは骨の折れる作業です。その点、日本防犯システムのJS-RW4シリーズは、特定の場所に人が入ってきたときだけ録画することや、任意の時間帯だけを録画することができるので、濃厚接触の事実確認に要する時間を大幅にカットできるでしょう。

小規模オフィスではJS-RW4004またはJS-RW4008、中~大規模オフィスではJS-RW4016またはJS-RW4032がお勧めで、上記レコーダはHDDを増設することもできる(JS-RW4032で最大60TB)ため、必要に応じて最適なご提案が可能です。

以下のお問い合わせフォームより貴社のお悩みやご要望を、ぜひお送りください。映像ソリューションのプロフェッショナルが解決へと導きます!

お問い合わせ・資料請求フォーム

下記の入力欄に必要事項をご記入の上、「エントリーする」ボタンをクリックしてご応募ください。

※入力がうまくいかない場合は、お手数ですが下記と同じ内容を明記のうえ、直接 info@js-sys.com までお送りください。

※ご提供いただいた皆様の個人情報を、ご本人の同意なく本業務以外の用途に使用することはございませんので、ご安心ください。なお、ご提供いただきました個人情報は、弊社の責任のもと、適切に廃棄・消去させていただきます。