トピックス

セキュリティ産業新聞に掲載していただきました

2018年03月6日(火)


セキュリティ産業新聞に掲載していただきました

この度、「セキュリティ産業新聞」(2018年2月25日発刊)にて、「国内最大の展示会『SECURITY SHOW 2018』」をご紹介いただきました。



以下、本文

  

「世界に、日本のセキュリティを」のコンセプトで、防犯カメラの世界観を展示するとともに新製品を展示

今回で11回目の出展となる同社ブースでは、昨年に続き日本の守りの象徴「城」をモチーフにしたブースで、ビックサイト内にて異彩を放つ外観で設計。
同社ブースでは、2月13日より先行発売している、ハイブリッドデジタルレコーダ「JS-RA20xxシリーズ(JS-RA2004/2008/2016)」等の新製品を会場で展示。
「JS-RA20xxシリーズ」は、同社の人気機種である「ネットワーク機能搭載AHDデジタルレコーダJS-RA10xxシリーズ」の後継機種。従来シリーズの特徴である「PCやスマートフォンによる遠隔地からの監視機能」、「音声記録」、「フロントパネルやリモコン、マウス操作によるイージーオペレーション」はそのままに、アナログ規格でHD出力ができるAHD方式やTVI方式などの入力信号に対応していることに加え、新たにIP方式の入力信号にも対応可能とした。録画時に高解像度カメラを使用することで、最大4K(3840x2160)解像度での録画も可能。
アナログHD用のBNC端子には、全チャンネルにスルーアウト端子を装備。撮影した映像を直接モニター(入力信号に対応したモニターに限る)上で表示するほか、他のレコーダーに入力することも可能。
また、同製品には撮影した映像を保存する記録装置として、4TBハードディスク1台を標準装備。ハードディスクを追加してRAID構成にすることでハードディスクの冗長化、信頼性の高いデータ保存が可能。従来シリーズの特徴はそのままに、より高機能・高品質な製品に仕上がっている。
日本防犯システム(東京都港区、TEL03-6809-1217)