トピックス

ネットワーク防犯カメラ4機種で「優良防犯機器認定(RBSS)」を取得

2018年06月12日(火)


ネットワーク防犯カメラ4機種で「優良防犯機器認定(RBSS)」を取得

株式会社日本防犯システム(本社:東京都港区、代表取締役:賀来 泉、以下 日本防犯システム)は、今年で創業17年の防犯・監視カメラ専業メーカーで、MADE IN JAPAN製品の製造に力を入れ、全国10拠点より防犯・監視カメラの普及に努めております。
この度、日本防犯システムは2018年7月18日発売予定のオリジナルネットワーク防犯カメラ4機種及び国内生産工場1か所で、公益社団法人日本防犯設備協会が認定する「優良防犯機器認定(RBSS)」を取得いたしました。

【優良防犯機器認定制度(RBSS)とは】
公益社団法人日本防犯設備協会が一般の方々の安心・安全に寄与することを目的に、防犯機器に必要とされる機能と性能の基準を策定し、その基準に適合した機器を「優良防犯機器」と認定することにより、優良な防犯機器の開発及び普及の推進を図る自主認定制度です。

<認定取得機種>
■JS-CW2011:フルHD対応2メガピクセル 屋内ドーム型ネットワークカメラ
■JS-CW2012:フルHD対応2メガピクセル ボックス型ネットワークカメラ
■JS-CW2020:フルHD対応2メガピクセル 屋外IRバレット型ネットワークカメラ
■JS-CW2021:フルHD対応2メガピクセル 屋外IRドーム型ネットワークカメラ
※いずれも7月中旬発売予定です

<資格審査対象事業所>
弊社MADE IN JAPANシリーズ組立工場(1か所)
当社では、今後もお客様から「ありがとう」と「感謝」をいただける製品づくりを目指して、邁進してまいります。


プレスリリース