トピックス

警備保障タイムズに掲載していただきました

2018年11月06日(火)

警備保障タイムズに掲載していただきました

この度、「警備保障タイムズ」第220号(2018年11月1日発刊)にて、当社の新製品「PF-RW2シリーズ」をご紹介いただきました。


以下、本文

全方位カメラの歪み補正 遠隔監視の設定が簡単

日本防犯システム(東京都港区、賀来泉社長)は、全方位カメラの歪み補正機能に対応する4K対応PoE給電方式のネットワークビデオレコーダー「PF-RW2シリーズ」(4ch、8ch、16chの3機種)の販売を開始した。
PoEとはイーサネットのケーブルを利用して電力を供給する規格で、電波を確保しにくい場所でも無線LANアクセスポイントを設置することが可能。同レコーダーは最新の画像圧縮方式H.264/265を採用し、PoE対応のカメラを直に接続できる。
インターネット接続は、UCNサービスを使用して簡単にレコーダーの遠隔監視を設定可能。一部の他社製(アクシス、パナソニックWVシリーズ)のカメラのプロトコル(通信上の規約)に対応している。
新しくなった同社PC用遠隔監視ソフト「JSS遠隔監視システム」やスマートフォン用遠隔監視シフト「JSS遠隔監視モバイル」を使用したライブ監視や録画映像の再生も可能だ。