企業情報

ISO27001情報セキュリティ基本方針

ISO27001情報セキュリティ基本方針

法令や規制などの社会的規範を守ることは当然のこととして、お客様の期待やニーズを満足させることができるように、常に品質マネジメントシステムの継続的改善に努め次のことを実現する。

当社は世の中の動向を視野に入れ、自己の成長と人間形成、全ての価値を創造することによって、顧客の共感、支持を得ると共に犯罪の撲滅を目指し、地域社会に貢献します。
そのために当社が取扱う情報資産を盗難、改ざん、破壊、漏洩、不正アクセス行為等から保護するために情報セキュリティ基本方針を定め、以下の方針に基づき情報セキュリティマネジメントシステムを実践します。

  1. 当社はJIS Q 27001:2014及び関連する法令、規制並びにお客様との契約上の要求事項を踏まえた情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、役員をはじめ全従業員及び協力会社社員がこれを順守します。 また、PDCAを実践し継続的改善を図ります。
  2. 当社の情報セキュリティマネジメントシステムは当社の事業活動に関わるすべての情報資産を対象とします。特にお客様からお預かりした預託情報については漏洩等の事象が発生しないように最大限に配慮した管理を行います。
  3. 当社は情報資産を情報資産目録として整理し、リスクアセスメントを行い、重要情報の業務工程毎の安全対策を講じます。
    さらに、本社及び支店は物理的セキュリティを整えるとともに、情報機器の安全な設置、適切なアクセス制御、書類、媒体の適切な管理を行います。
  4. 当社は全従業員及び協力会社社員に対し、業務遂行上必要となる情報セキュリティに関する教育、訓練、啓発活動を定期的に行い知識の向上と意識向上を図ります。
  5. 当社のセキュリティポリシーに違反した従業員は社員就業規則及び契約社員就業規則並びに臨時社員就業規則に基づき懲戒処分を受けます。
  6. 当社は責任と手順を定めセキュリティインシデントに対する予防策と発生した場合の被害拡大防止策など適切な処置が速やかにとれるよう備え、事業活動の継続に障害が生じないように努めます。
  7. 社長は毎年定期的にマネジメントレビューを行いISMSの実施状況を点検するとともに必要な指示を行います。

平成26年4月1日
株式会社日本防犯システム
代表取締役 賀来 泉