法人のお客様

機能紹介

赤外線暗視機能

夜間の監視など、暗闇での撮影が必要な場合に効果を発揮します。赤外線照射時は、白黒映像となります。 また、機種によって赤外線照射距離は異なります。

フリッカレス機能

日本は家庭用100Vの周波数が富士川を境に50Hz地区と60Hz地区に分かれています。CCDカメラのほとんどは60Hzに調整されており、これを50Hzの地域の蛍光灯・白熱灯がインバーター使用ではない場所では映像にちらつきが出ます。
この現象を解決する為、フリッカレス機能を持ったCCDカメラがあります。
特に店舗やオフィス、病院など、蛍光灯下での撮影の際は必須です。


フリッカレス機能無し

フリッカレス機能有り

逆光補正機能

太陽などの強い光が画面上に入ってくる場合、カメラは被写体が明るいと判断し、光を絞り込みます。
したがって、被写体は黒くつぶれてしまい、認識が困難になります。 この現象を補正する機能です。

※あくまでも補正ですので、極力逆光を避けた設置が必要となります。また、太陽光を直接カメラに入れると、センサー部の破損の原因となる場合もございます。


撮影範囲目安表

一般的に焦点距離(f)で表され、サイズが小さくなるほど広範囲を撮影できます。 人物の顔やナンバープレートなど、あるものを確実に撮影したい場合は、サイズの大きなものを使い、狭い範囲を集中的に狙う必要があります。 この時、全体の動きは把握できません。 逆に、広範囲を撮影した場合、全体の動きはよく分かりますが、細かい部分までは把握できないということになります。

※被写体とカメラの距離は約10mです。


照度表

カメラの最低照度は、一般的にLUX(ルクス)単位で表します。 一般的に、人の目がおよそ 1LUX と言われています。


録画機(DVR)の接続可能台数について

録画機(DVR)を選ぶポイントは「4ch」「8ch」「16ch」の3種類のマークが目安です。 カメラの台数が何台かをご確認下さい。


防犯カメラの映像を分割画面で表示が可能


モニター1台でカメラの映像を切り替えることが可能(シーケンンス機能)


メイン画面を見ながら小窓で別のカメラ映像も確認できる(PIP機能)